2012年
12月09日

第15回 「大窪・神立の古墳を歩く」

前日の天気予報では雪とのことで、天候が心配されましたが、寒いながらも無事に心合寺山までたどりつけました。明治21年に坪井正五郎・山崎直方両氏のスケッチによって紹介された古墳(塚穴)を求めて、古絵図を頼りに彼らの足取りを考えてみました。

案内者の思い入れが強すぎた感はありましたが、スタッフや参加者の方々の補足説明や、古絵図の写真パネルを見せて下さった歴史民俗資料館、境内での昼食をお許し下さった玉祖神社、屋内での説明場所として館内を使用させていただいた心合寺山古墳学習館、そして説明を聞いて下さった参加者の皆さんに感謝致します。また、午前中はFMちゃおのレポーターが同行され、当日午後2時30分に録音によるレポートが放送されました。(松江記)

歩行コース  実施日 平成24年2月18日     案内人 松江さん

スタート ⇒ 服部川公園 ⇒ 八尾市立歴史民俗資料館 ⇒ おうとごえ道標 

⇒ 岩田山→狸山 ⇒ 大窪のドルメン ⇒ 芝塚2号墳址 ⇒ 芝塚古墳 

⇒ 玉祖神社(昼食)・伴林光平墓 ⇒ 伊能忠敬天体観測推定地 ⇒ 愛宕宮・愛宕灯篭 

⇒ 愛宕塚古墳 ⇒ 小字フタゴ塚付近 ⇒ いろは文五郎碑・地蔵・高安遊園地道標 

⇒ 心合寺山古墳学習館で説明、解散。3時           (歩行距離 約7キロ)

2012年
12月09日

第14回 「志紀・弓削地区の地蔵さん巡り」

当日、穏やかな天気に恵まれ41名の参加者が集いました。八尾市には、石器時代から様々な埋蔵遺跡や文化財が、各地区から発掘されていますが、周知の通り由義宮に関する遺跡は、現在のところ幻となっております。八世紀半ば過ぎに造営されたとなっている由義宮ですが、772年に河内方面に大型台風が襲い、大和川が氾濫し志紀・弓削地域一帯も瓦礫の山となったと続日本記に記載されています。当時、河内・八尾地域において称徳天皇と道鏡とによって造営された一大モニュメントであった由義宮は、それによって跡形もなく歴史上から消しさられてしまったことは誠に残念です。ただ、この付近に今も都塚の地名を残し、都留美島神社や由義神社が後世になって建立されたことで、その痕跡を少し伺い知ることができます。

又、地蔵めぐりの方は志紀・弓削霊園の六地蔵像や、八尾市内における最古の地蔵と言われる鎌倉期に造営された天王寺屋地蔵像などを見学し、地蔵像のいわれやその特徴を学習して、全員無事に柏村稲荷神社で解散しました。

歩行コース  実施日 平成23年12月17日      案内人 高井さん

スタート ⇒近鉄恩智駅 ⇒ 大塚・融心寺 ⇒ 都塚墓地・都留美島神社 ⇒

二俣・東弓削墓地 ⇒ 二俣分水路・四軒町地蔵⇒志紀弓削霊園 ⇒ 志紀コミセン

⇒ (ランチタイム) ⇒天王寺屋地蔵 ⇒ 六輔地蔵 ⇒ 不動地蔵・常夜灯 ⇒

由義神社 ⇒ 緑泉寺前地蔵 ⇒ 柏村稲荷神社前延命地蔵

解散 3:00 ⇒ 近鉄恩智駅へ 全コース 歩行距離 約8キロ

 

 

 

2012年
12月09日

第13回 「龍田大社 風神の伝承地を歩く」

当日は強い雨でしたので中止、次年度に改めて行うことにしました。

しかし雨にもかかわらずお集まりいただいた方の要望もあり、有志で

予定のコースを歩きました。   平成23年11月19日   (案内 米田さん)   

生安寺-御座峰-三室山三角点-三室山古墳-関地蔵-磐瀬の杜-

神南備神社-龍田大社  雨で何も見えない一日でしたが、晴れていれば

和泉山脈、大峰山脈、三輪山をはじめとする盆地東端の山々が見える奈良県

有数の眺めのよいコースです。次回に期待しましょう。

画像の上でクリックしてください。拡大図がみれます。

2012年
12月09日

八尾ふるさと歴史学校とは

八尾ふるさと歴史学校とは

八尾市の環境保護のために、市内の事業者・教育機関・市民団体・市民、などの環境活

動をサポートすることを目的として、2004年に立ちあがった環境パートナーシップ協議会

です。八尾ふるさと歴史楽校はその活動団体のひとつです。

八尾市全域とその周辺、河内から大和にかけての地域には、古代から中世近世に至る

多くの史跡や遺跡が散在しています。この地に古くより人々が住み着いたからこそ歴史が

存続してきたことを物語っています。

八尾ふるさと歴史楽校は、多くの人々とこれらの史跡、遺跡、伝承地を再三訪ね歩き体感

し知っていただき、八尾の環境に関心をもち、更には高安山など八尾の環境の今後を考え

ていただければと思っています。

2012年9月 ~ 2013年7月 活動予定

2012年

   年 月    テーマ                  集合駅       案 内

  9月15日  八尾の地蔵めぐりー(3)       服部川駅     高井雅弘

 10月20日  龍田大社・風神の伝承地を歩く   信貴山駅     米田 宏

 11月17日  河内西国札所              近鉄石切駅   田村直行

 12月15日  河内・十三街道を歩く         近鉄布施駅    松江信一

2013年

  2月16日  旧成法寺村と伴林光平ゆかり    近鉄八尾駅    二保泰士

  3月16日  恩智信貴道                恩智駅       坂上弘子

  4月20日  河内国分寺周辺を歩く         近鉄国分駅    半田勝久

  5月18日  石切神社から枚岡神社へ       近鉄石切駅    桝井幸助

  6月15日  相撲力士の墓碑を訪ねて(2)     未定        嵜本和臣

  7月20日  恩智川・平野川源流付近を歩く    未定        常谷伸之

◇いずれも集合時間は9:30、解散は15:00ごろ

   ◇申込不要、問い合わせ ☎ 072-941-7529 坂上

   ◇当日参加費 200円(保険代、資料代など)、中学生以下は無料

   ◇毎回、実施の前月「市政だより」に掲載します

   ◇雨天決行 但し、午前7時 ~ 8時に雨が降っていて大阪府に

    大雨注意報が出たる場合は中止です。

       平成24年10月20日 龍田大社・風神の伝承地を歩くコース 公園にて

         「 画像の上でクリックして下さい。拡大して見れます 」

                 

            

 

 

2012年
12月08日

第12回 「真観寺周辺を歩く」

真観寺は中世の南北朝動乱の後、畠山満政により創建され、中世から戦国時代にかけ

激動の200年間にあって、その史実を残す書類は、八尾市の重要文化財に指定され、

境内には畠山満政を祀る十三重の塔や、三好長慶・義継を祀る五輪塔があるなど、

貴重なお寺である。

周辺には、神武天皇の縁がある竹渕神社、さらに「正覚寺合戦」の跡や畠山政長の

墓所など史跡を訪ねる。

歩行コース       案内 二保 さん   (平成23年10月15日)

スタート ⇒竜華水みらい「センター ⇒ 跡部神社 ⇒ 油掛地蔵 ⇒ 真観寺 ⇒

釈迦寺山跡 ⇒ 永代橋 ⇒ (ランチタイム) ⇒竹渕神社  ⇒ 新家天満宮 ⇒

菅原神社 ⇒JR加美駅 ⇒ 畠山政長墓碑 ⇒ 正覚寺廃寺跡 ⇒

旭 神社(正覚寺城址) ⇒JR平野駅 (杭全神社自由拝観)  解散 3:00。

(画像の上でクリックすると拡大してみれます)

真観寺境内                            竹渕神社境内

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

2012年
12月08日

第11回 「俊徳丸伝承の道を歩く」 

俊徳街道とは俊徳丸が、高安山畑から四天王寺に通った道をいう。

俊徳丸は伝承上の人物だが、高安地域に屋敷跡や墓など伝承地が多いことから、

それに似た人物がいたのかもしれない。

俊徳丸は昔より能楽・説教節・浄瑠璃・歌舞伎・河内音頭など、いろんな芸能のジャンルで演じられてきた。

また現代は三島由紀夫や寺山修司なども書いている。

歩いたコース                          実施日 平成23年9月17日(土)

俊徳道駅~横沼町~長瀬川高西橋~帝国キネマ撮影所跡~高西橋に戻る~菱屋西で十三街道に合流

~上小阪道標(左平野御本山)~上小阪八幡宮~近大記念館でトイレを拝借~中央環状線を渡る~

若江鏡神社~道標(十三道・大坂道・八尾ミチ)~八尾市に入る~埋蔵文化財センター、

昼食~にわか大雨、桂青少年センター前道標~福万寺道標~向井水耕栽培農園~

シラミ地蔵、解散 3:00。       案内 坂上さん

シラミ地蔵    (画像の上でクルックしてください拡大してみれます)

桂青少年センター前道標

1 2


環境アニメイティッドやお TOPへ

Calendar

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Category

Archive

PAGE TOP
Copyright © 環境アニメイティッドやお. All rights reserved.